HARA

2012年新卒

大学より入社後に学ぶことの大きさ

成果が目に見え、かたちで残る仕事がしたいと考え、建築関係への就職を志望しました。ところが大学の専攻は建築との接点がない生物資源環境学部。しかし、松澤工業の会社説明会で、人事担当の方は「大学で習ったことよりも、入社してから学んでいくことの方が多い」と。さらに、「必要なことを必要なだけマスターしていけばいい」とも言われました。

好奇心が仕事に生きる

これらの言葉に、まったく専門外だけれど「1からやってみようか」と、入社を決心しました。
実際に入社してみると、すべてが新鮮、発見の連続で、楽しい毎日です。アットホームな社内の雰囲気も気に入っています。好奇心が旺盛なら、恐れずにトライする価値はあると思いますよ。

経験、技術、知識を総動員

入社1年目は施工管理職を経験。正直、楽な仕事ではないと感じましたが、すべてが完成したとき、わたしの設備の説明に、お客様から「これは、すごいね~!」という反応が。この上ない達成感があり、苦労が報われたと感じました。
2年目からは現在の営業部で、積算業務を担当。図面を元に、工事に必要な人材や材料の数から工事費を割り出す業務に日々取り組んでいます。
お客様の予算と積算の数字が折り合わないときの折衝や調整も業務の一環。案件ごとに困難が伴いますが、どうしても必要な部分は死守し、影響の小さなものから慎重に選んで組み直して予算に近づけていくという具合に、経験、技術、知識を総動員して対応しています。

ものづくりを担う誇りがある

ほとんどデスクワークですので、「成果が目に見え、かたちで残る仕事」という初心とは、ちょっと違う方向性のように見えるかもしれませんね。しかし、苦労して組んだ積算の数字にお客様が満足されたときの達成感は大きいし、ものづくりの大切な機能を担っているという使命感も大きい。わたしのなかで積算は、しっかりと「かたちで残る仕事」なんです。

TIME SCHEDULE

  • 08:30

    営業ミーティング、新聞記事チェック

  • 09:00

    設備機器メーカーへ見積もり手配

  • 10:00

    見積書作成

  • 12:00

    昼食

  • 13:30

    お客様訪問、会議など

  • 16:00

    営業日報作成、書類作成

  • 17:15

    退勤

MATSUZAWA KOGYO RECRUIT