中緒

NAKAO

2004年新卒

建築設備は将来有望!

名古屋の大学で専攻していたのは建築工学。卒業後は生まれ育った長野でゼネコンか設計事務所に入ろうと思っていました。
しかし、将来のことをじっくり考えたとき、「建築設備の需要は今後も決して減ることがない、むしろ需要は高まる」と思い直し、松澤工業を選択しました。歴史がある老舗の設備会社であることも、気持ちを後押ししました。

建物にこの手で命を吹き込むおもしろさ

入社して1年間、工事部で施工管理職を経験後、設計部に配属されました。衛生、空調、換気を主体とし、消火、ガス、特殊な工場施設など、幅広い建築設備の設計に携わっています。建物のかたちをつくる意匠設計のような派手さはありませんが、使う人が快適に作業をしたり、過ごしたりする環境をつくる重要な役割を担っています。それだけではただの箱に過ぎない建物が、設備によって初めて生命を宿すようで、とてもおもしろい仕事だと思っています。

どんな設計依頼にも堂々と!

快適な環境に設計できただろうか? 問題なく完成しただろうか? 図面を描き終え工事が始まってからも、設計担当者にはずっとこんな不安が付きまといます。建物によって仕様が異なるため、その都度新しい取り組みになるのも宿命だといえます。しかし、そんな不安や困難を乗り越え、どんな建物の設計依頼がきても動じることなく、堂々とこなせる設計士になることがこれからの目標です。

知識や技術は入社後に身につく

この職場は、少数精鋭主義。だからといって入社前に建築設備の知識がなくても大丈夫。実務レベルで知識や技術の習得がしやすい環境が確立されています。「興味があるからやってみたい」という気持ちがあれば、必ず成長できるし、やりがいある仕事に出会えますよ。

TIME SCHEDULE

  • 08:30

    メールチェック

  • 09:00

    設計計画書作成

  • 10:00

    設備機器メーカーと打ち合わせ

  • 12:00

    昼食

  • 13:30

    設計事務所と打ち合わせ

  • 15:00

    打ち合わせ議事録の作成

  • 16:00

    設計図作成

  • 17:15

    退勤

MATSUZAWA KOGYO RECRUIT